2017年3月14日火曜日

みんなでセミナーに行ってきました♪

先日の日曜日、仕事が終わってからみんなでセミナーに行ってきました♪(*^▽^*)♪

毎年この時期に開催されるロイヤルカナン主催のベテリナリーシンポジウムで
今回のテーマは“高齢猫の体重減少~サイレントな病気の診断と治療~”です。


会場はホテルニューオータニの会議場で行われました!

ひ、広~いっ!!

今まで参加したどのセミナー会場よりも広く、少々圧倒され気味。。。(^-^;


今回は第一部にイギリスからSarah Caney 先生と第二部に石田卓夫先生の講義を受けました。

症例の説明や解説もさることながら、看護師の立場からすると
Sarah先生の雑談の方が興味深く、まずイギリスの動物病院ではレントゲンを撮るとき
必ず麻酔をかけるのだそうです。(なぜなのでしょう…?理由は聞けませんでしたが)

あと、診察室の中も診察台からつながる幅広の階段が置いてあり患者さんの猫を
自由に歩かせるんだそうです。
若くて健康な子は診察台から直接降りたりするのですが、老齢の子や関節炎がある子だと
階段の方に回り、それもゆっくり時間をかけて降りる様子から、痛みの度合いを客観的に見ることも考慮に入れている、とのことでした。

日本だと逃がしてしまってはいけないと思い、猫ちゃんを診察中に自由にさせることは
ほとんどないと思うのですが、これもお国柄なんでしょうね(*^-^*)

あとはおおまかにまとめると、猫ちゃんは急激~緩やかでも体重の減少があると
寿命に大いに関係していく、ということでした。

理想は若い時からの体重をいかにキープして年を重ねさせるかということです。
年を重ねていくと、どうしても痩せていく傾向にあるので
その原因をまず見極めて、病気からくる削痩でなければフードや環境を整えてあげて
体重減少を食い止めることが、元気で長生きさせるためには重要とのことでした。

うちの病院にいるガッツもちょっとぽっちゃりで体重管理は厳重にしていましたが
この講義を聞いて
“あ、ちょっとぽっちゃりでもいいんだ、これをキープしていけば!!”
と安心しました(笑)


噂には聞いていましたが、こちらのセミナーでは軽食が出るということで
大人気のケーキをみんなでいただきました!!(*^-^*)

我々の体重も減ることなく、これでキープ(もしくはオーバー?)できそうです(笑)

2017年3月9日木曜日

ねこ勉~生涯学習のユーニャン~

こんにちは!

自慢ではないですが、当院のスタッフの引き出しの多さには毎回驚かされます。

今日も某S井ちゃんから…

S井:あの…、ねこべんって知ってますか?

T内:え?なにそれ?知らないな~、ねこ弁?新しいキャラ弁のことかな?

S井:違いますよ~、通信教育のユーキャンで“ねこ勉”っていう動画があるんです!
   おばあちゃんのために猫たちが通信教育で勉強するんです!!
   もう感動の嵐ですよ、ぜひ見てくださいっっ!!!(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

T内:え~?!見る見る~!!ねこ勉ね。。。( ..)φメモメモ…

ユーキャンねこ勉(←ここで動画が見られます)

ちなみに私は0:20位から涙腺がゆるみはじめ、3:00過ぎからは涙腺崩壊、
きっと、そんじょそこらの映画なんかよりずっと泣けます!

それにしてもこのおばぁちゃん、いい演技するなぁ。。。(T_T)

あと、テキストに載ってるねこ語?(肉球で書かれている)がめっちゃ気になる…
(ねこ語学びたい…)

ほらっ!もうみなさん、今頃ティッシュが手放せないでしょう?!(笑)



涙の後に、うちのホテルの子のご紹介♪


話は変わりますが、いまホテルでお預りをしている画伯亭のこころちゃんは、みかんが大好物です!!
猫は基本、柑橘系(匂い?)が大の苦手なはずですが…(^^;

うちに保護される子って、いろいろ規格外(笑)(^-^;

2017年2月26日日曜日

しつけ教室2017.2.25

Hi!みなさん、こんにちは!!

最近朝は多少寒くても、昼間はだいぶ暖かくなってきましたね!
院内も最近、ブルゾンちえみネタでだいぶ熱く盛り上がっております(笑)

“男はガムと一緒”
“新しいガム、噛みたくない?”

う~~~、そんなセリフ、言ってみたーーい!!(笑)

ちなみにあの“ダッダッ ダッダダ♪ ダダダッ ダッダダ♪”という曲は
Austin Mahone の『Dirty Work』という曲です。(はい、早速調べました。)

仕事終わりに医局で聞いていると、ついつい小声で“35億”と言ってしまいます(笑)
みなさんもぜひ check it out!してみてくださいね!(^_-)-☆

さて、ここからは今年最初のしつけ教室のレポートに入りたいと思います♪
昨日もいいお天気で、教室中は冷房をかけてのスタートでした(*´з`)
手前から椿ちゃん、初参加のぽくちゃん、同じく初参加のボン君、そして一番奥にレオ君です(小さくてごめんなさい!)

椿ちゃんとレオ君は常連さんなので、早速ノーリードで教室内を歩いてもらいました!
ぽくちゃんとボン君は様子を見ながら、徐々にこの状況に慣らしていきます。

さて、少し慣れてきたところで、ぽくちゃんとボン君にも床に降りてもらい
お座りのレッスンです(*^-^*)
ぽくちゃんは緊張のあまり、お座りでいいところを最上級の服従ポーズの伏せに
なってしまいました(^^;

椿ちゃんはもうお座りはお手の物ですね(^_-)-☆
問題なしです☆
緊張していたぽくちゃんにお水を用意したのですが、緊張のため全く飲めず
その代わりみんなの給水所になっていました(笑)

緊張のあまり、おやつも食べれず、お水も飲めず、ただただ
フリータイムには開かずの扉の前に佇むぽくちゃん。
心の声を代わりに一句、詠まさせていただきました。

次はお散歩すれ違いレッスンです!

すれ違いざまについ威嚇してしまうワンちゃんには、おやつを用意しておいて
知らない子とすれ違う時には、すかさずおやつでかわしてしまいましょう♪
そうすることで、知らない子が通るとおやつがもらえる(いいことがある!)
とインプットされ次第に威嚇をしなくなります(*^▽^*)
ボン君、上手ですね~~~!

おやつに全く反応がなかったぽくちゃん。
教室の最後の方で先生が音のなるおもちゃを出したところ、これには反応あり!
でもやっぱり緊張の方が強く、おもちゃがレオ君に渡ってしまいました!(笑)
うーん、残念!!(T_T)

でも、はじめはプルプル震えていたぽくちゃんも、次第に教室内を歩き回れるようになり
知らない人にも撫でられるようになり、知らない子にも挨拶ができるようになり、

そして最後には!!

レオ君に背中をマッサージされても大丈夫になりました!!(笑)
今日一のベストショット、いただきました~~~(*^▽^*)

一度参加すると目からウロコのしつけ教室!
来月は3月25日(土)に開催となります(*^-^*)

過去に参加されたことのある方も初めての方も、何度でもレッスンに参加していただいて
OKなので、お散歩ついでにどうぞお越しくださいませ♪

それではまた来月までSee Ya!!(*^▽^*)アトゴセンマンニン♪

2017年2月5日日曜日

ギャラリーmei通信 vol.6

長らく更新が止まっていたギャラリーmei通信vol.6!

画伯ファンの方々、大変お待たせいたしました!
今後もこのようにある日突然更新されるので、油断なさらぬよう更新をチェックしていてくださいね!(笑)

この度、待望の新作が届きましたので早速ご紹介したいと思います!

 まず1つ目の作品は…


“ちょこっと休も”

こんなかわいい急須セットが実際にあるんでしょうか?!(驚)
チャトラ柄でなんだか画伯亭のこころちゃんにも似ているような…(*^-^*)

(画伯亭のこころちゃん)

最近、個人的に免疫力について調べているのですが
人は笑うことでNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化され、免疫力が高まるんだそうです!

最近ちょっと笑うことが少なかったせいか?生活スタイルや食生活は全く変わらないのに
口唇ヘルペスはでるわ、親知らずの歯肉が腫れるわで、自身の免疫力の働きを身をもって感じました。

やっぱりストレスや疲労は免疫力にとっては大敵なんですね…(>_<)

まさにちょこっと休も、です。

ゆっくり過ごす時間を取る、という簡単なことが、いかに大事かということを最近身をもって感じた瞬間でした。


次は“佃煮屋『天安』(佃島)”

趣がありますね~、というより、趣が滲み出ていますね!
私が思うに、こういう趣のある建物って、写真より絵の方がより一層伝わる気がします。
写真だと良いところも悪いところもはっきり全貌がわかってしまうけれど、絵だと

“ひょっとしたらお店の1階の屋根にツバメの巣があるかもしれない”とか
“店主はきっと絵にかいたような(上手い!)頑固な職人気質の人なんじゃないかな”とか(笑)

余白のあるおかげで(勝手に)見えないところまで想像が沸いてきます。


文章だと“行間を読む”といいますが、絵だと“余白を観る”とでもいうのでしょうか…(勝手な見解(笑))
それが絵を見る時の楽しさにもつながっているのだと思います。

2月を過ぎればあとは春がもうそこまでやってきますね!
(花粉症のスタッフたちは戦々恐々としていますが…(笑))

まだまだ寒い日もあるかと思いますが、皆様もどうぞお体にはご自愛くださいね(*^-^*)

2017年1月23日月曜日

2016.12.4~10 JASMINEフランスOPE

院長の竹内です。
だいぶ遅くなりましたが、皆様、明けましておめでとうございます。
今年も何卒よろしくお願いいたします。

去年の12月は私竹内が長期不在にしてしまい、大変ご迷惑をお掛けいたしました。
今回はその時のご報告として、私がフランスで行なってきたことをまとめてみたいと思います。

12月2~3日は福岡で日本獣医循環器学会へ参加し、12月4~10日はJASMINEどうぶつ循環器病センターの研究員としてフランスへ同行し心臓外科(僧帽弁修復手術)を行なってきました。

JASMINEどうぶつ循環器病センターでは国内だけでなく海外からも手術依頼が多く
今回のように海外へ実際に行って手術をすることが多々あります。

心臓外科を行うにあたっては専門スタッフがチームを組み遂行しなければ、安定した成功率を維持することは非常に困難となります。

そのため、必ず日本から少なくともJASMINEスタッフと研究員で構成される5名以上のチームで現地入りします。
今回のフランスは6症例の手術を行う予定でチーム編成されました。

フランスは日本とおよそ8時間の時差があり、飛行機の移動におよそ12時間かかりました。
フランスには現地時間の夕方にホテルに到着し、OPEのミーティングを行いそのまま就寝。
「朝7:00に動物病院へ行き、OPEを行い、ホテルへ夜帰る。」
という毎日の繰り返しでしたので、時差ボケを感じる暇もなく最終日を迎え帰国しました。

海外OPEを通じて改めて最も強く感じたことは

『いつも通りのことをいつも通り行うことの大切さ』です。

僕たちのような専門職の人間であれば当然のことなので、改めて取り上げる内容では
ないのかもしれませんが、やはりここが肝なんだと感じました。

いつもとは違う施設、いつもとは違う設備、いつもとは違う言語、いつもとは違うスタッフ(現地スタッフ)、いつもとは違う空気(プレッシャー)・・・

唯一いつもと同じなのは

『編成されたOPEチームの能力と信頼関係』

だけです。

スタッフそれぞれが平常心でいつも通りのことができるからこそ、イレギュラーなことへの対応も余裕を持ってできるのだと感じました。改めて良いチームだと感じました。


日本時間の16:00頃に帰国、そのまま17:00頃にはめい動物病院で診療していました^^;

僕から見た『めい動物病院スタッフ』も自画自賛するわけではありませんが
とてもいいチームだと思ってます。

今回の海外OPEで感じたことなどを『めい動物病院』への日々の診療にも還元して行きたいと思いますし、これからもより一層、一致団結し日々の診療にあたりたいと思います。

今後もこのような海外出張に同行する機会が増えてくるかもしれませんが
必ず自身の診療に還元できる勉強の場として、また、世界の獣医療の発展のため
微力ながら邁進していきたいと思っております。

患者様には今後もご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

                         めい動物病院 院長 竹内潤一郎

2017年1月12日木曜日

ミッフィー福だるま


最近はなんだか世界的に寒波が襲来しているようで、日本でも特に日本海側の地域では
積雪や寒波が押し寄せているようですね(>_<)

またこの季節はセンター試験をはじめ、受験生にとっては将来を決めかねない大事な時期ですよね!

当院でもこの時期、皆様に福が舞い込むよう、期間限定でミッフィー福だるまを置いてあります(笑)
(ただ単にいわゆるひとつの衝動買いなのですが…(^-^;))


これのおかげで厄年も、大殺界も、停滞期もなんのその!(笑)←ホントかい?!

信じる者は救われますよ~に!(^_-)-☆

2017年1月3日火曜日

あけましておめでとうございます&誕生日おめでとうございます!


あけましておめでとうございます!

今年もあっという間に明けてしましました、2017!!
今年もスタッフ一同、より一層の丁寧できめ細やかな診察を心がけて参りますので
何卒よろしくお願い申し上げます(*^-^*)

さてさて、新年のご挨拶もさておき、最近はスタッフの坂井さんのおかげで
有名店のケーキを食べる機会に恵まれることが多く、今日もこんなサプライズが…(*''▽'')!!


そうなんです!
めい動物病院の長↓の誕生日が1月2日ということもあって


今までの人生の中であまり誕生日パーティということをしたことがない
(もしくは毎年お正月にもってかれる(笑))
ということを覚えてくれていたようで、このようなサプライズ企画を提案してくれました!

ちなみにこちらのパイは南大沢にあるMaison Douseというお店のもので
こちらのシェフは2012年にガレット・デ・ロワコンクールで優勝した経歴の持ち主なんだそうです!


わざわざ家からマイナイフ持参で、お休みにもかかわらず差し入れに来てくれました!(T_T)アリガトサカイチャン…

ちなみにこのガレット・デ・ロワとはフランス発祥のお菓子で、毎年、年が明けると
家族や友人たちで切り分けて食べ、新年の幸せを祈るそうです。

またこのパイの中にフェーヴ(小さい陶製の人形)が隠されていて、それが当たった人は
王冠を被ってその日一日は王様や王女様になって祝福されるるんだそうです(*^-^*)

ちなみにそのフェーヴ、私の中に入っていました!!
(しばらく浮かれて王冠をかぶっていましたが、あまり違和感がなくそのまま診察にはいってしまいそうだったので(笑)泣く泣く外しました)

今年もスタッフみんなにとっていい年になりますように☆(*^-^*)☆